プロフィール

株式会社ENSOU 代表プロフィール
小森谷 浩志
博士(経営学)、神奈川大学経営学部国際経営学科講師、一般社団法人インターナショナルZENカルチュラルセンター理事、株式会社ジェイフィール コンサルタント

1988年ニッカウヰスキー株式会社入社、営業にてトップの業績を残した後、アサヒビール株式会社のコンサルティング会社の設立に参画、コンサルタント育成体制を構築。約30年前に曹洞宗開祖道元の弟子懐奘が綴った『正法眼蔵随聞記』に邂逅。それ以来、瞑想とともに、日常の生活において禅の智慧を活用、研究を続けている。現在「いのちが喜ぶ経営」をテーマに活動。自覚の方法論として東洋の智慧、特に禅の基本テキスト「十牛図」に着目。内省と対話を鍵にマネジメント・コミュニティを中核とした組織開発、個の本来性の開花にアプローチするワークショップを、キヤノン、DeNA、富士通、富士フイルムなどの企業、NPO、教育機関、社会起業家に提供している。ここまで約50社のコンサルティング、3000回のワークショップで、延べ約50000人の方々と関わってきた。2010年から始めたファシリテーター養成講座は修了生が400名を越え、学習するコミュニティを継続中。カナダのモントリオールで行われたグローバルカンファレンスREFLECTIONS 2017では、世界20数カ国の参加者に「禅とマネジメント」を発信、話題を呼んだ。趣味は瞑想と気功。禅と経営学、一見遠い存在の二つの探究を道楽にしている。著作、論文に『協奏する組織』学文社、『週イチ30分の習慣でよみがえる職場』日経新聞出版社(共著)、『幸福学×経営学』内外出版社(共著)などがある。http://ensou.jp/

所属学会 日本経営診断学会、日本マネジメント学会、戦略研究学会他 。

Hiroshi Komoriya

Doctorate (Business administration), lecturer in the Department of International Business and Management, Faculty of Business Administration, Kanagawa University

Active in the field of creating “consonant organizations.” More specifically, through reflection and dialogue, focuses on 1) organizational development in which the management community is central, 2) rediscovering ways to live and work originating in deep self-awareness, and 3) the formulation and sharing of paths in which one’s own standards and the values of an organization reverberate and align. Gives particular attention to Oriental wisdom as a methodology of self-awareness, particularly the Ten Bulls. Develops enriching workshops in which participants not only understand with their minds but also experience with their bodies. Interests include meditation and qigong. Enjoys exploring Zen and management studies, two fields which at first glance seem far removed from each other.